[もういちど]
■番号 C003 (一般)   
■作品名 「ありえないボーイズ」
■作者 堀田ポー
■コメント 夏の初めの出来事さ。
何もかもに激烈に感動した俺は行くあても無く車を転がしてぶっ飛ばして転がしてもうええんちゃうかな、ええ加減にやめといた方がええんちゃうかな、と思ってフラリと入ったモーテル(ビジネスホテル)のベッドに疲れた身体を沈めるとoh…ほのかなアンモニア臭だ。
そう、それはかつてこの部屋に泊まった誰かが残したメモリアル、OMORASHIーーー。
What a ありえない。
けれどいいさ。今夜だけは許してやるぜ…。
■音、音楽 自作